社員の声

利用者様からの「ありがとう」と笑顔に感謝

グループホームセゾン薊野介護職員 フロアリーダー

笹 枝美SASA EMI

2019年入社

仕事の内容・役割

介護業務全般、利用者様の生活支援を主業務としながら、フロアリーダーとして他職員のサポートを行っています。

IMCライフステージはどんな会社?

優しい職員がたくさんいる職場。職員ひとりひとりが利用者様のことをとても大事に想いながら業務にあたっていると感じます。

今の仕事を志望した理由

子どもの頃、病気の方を支えられる看護師になるのが夢でした。その想いの延長で、介護・福祉の分野で人をサポートすることができるこの仕事を志望し、15年続けられています。
今の会社へは、友人からの紹介がきっかけで入社しました。

仕事のやりがい

利用者様が笑顔になってくれたとき、疲れを忘れるくらい嬉しい気持ちになります。また、日常の当たり前のことに「ありがとう」と言ってもらえたとき、私の方が「ありがとうございます!」と思うことがあります。
感謝されるのと同じくらい自分が感謝の気持ちを持てる。そんなやりがいを日々感じています。

仕事上での思い出に残るエピソード

グループホームは、利用者様にとっての生活の場であり、お家です。私たち職員は、その生活をサポートさせてもらう仕事上でのプロではありますが、生活の場を共にする身近な存在として受け入れてもらう必要もあります。
グループホームでの仕事に長く携わり、常にそれを意識してきた私にとって、利用者様が私の名前を覚えて下さり、名前で呼んで下さることは、大変名誉なことです。また、休み明けの出勤日に、「昨日はあんたを探してしまったよ!」と言ってもらえることがあるのですが、とても嬉しいと同時にありがたく思います。

休日の過ごし方

エステやリラクゼーションサロンでゆっくりした時間を過ごしています。それから、温泉後に飲むビールの最高の美味しさを噛みしめるのが至福の時です。
また、ビューティーコンテストへの出場などを通して、積極的に美の追求を楽しんでいます。
子どもが手を離れたので、今後はもっとプライベート時間を充実させ、自分磨きを楽しみたいです。

2020年MVP受賞の感想

素晴らしい賞を頂いて大変嬉しく思います。これからの仕事の励みになります!

求職者の方へのメッセージ

「介護とは大変な仕事、きつい仕事」と世間的に認識されていますし、私もよく言われてきました。確かに、介護は簡単な仕事ではありませんし、責任重大な仕事です。つらいと感じることもあります。でも、どんな仕事も大変さは必ずあると思います。
介護とは、利用者様が出来ないことをお手伝いする仕事、また、利用者様が出来るようにサポートする仕事です。大切な日常を支える仕事です。人生をより豊かするためのお手伝いをさせてもらう仕事です。
大変な仕事ですが、ただ「大変な仕事」で結論づくものではありません。大変さの先に色々なものを感じ、学び、得ることが出来る仕事です。
支えるということに喜びを感じられる方なら、介護は日々やりがいを感じながら働ける職業です。そんな風に介護の仕事に携わってくれる方と、是非一緒に働きたいです。